February 24, 2011

Vol.8 1970年-1

今回は70年に注目します。このところ83年、81年と80年代を講義してきたので大分遡ることになりますね。70年代の頭、60年代の終わりとも言える70年。80年との差は近年の10年間とは比べものにならない程大きいです。余談ですが、BGMでサントラを流した映画「MASH」は朝鮮戦争を舞台にしたコメディです。TVシリーズ化され、その最終回の視聴率77%は今も破られていない記録だそうです。

エイプリルフール feat. 坂本真綾 / 冨田恵一 WORKS BEST~beautiful songs to remember~ / 冨田ラボ

1works_best__box

3月2日にリリースされる、冨田恵一ワークス・ベスト・アルバム『beautiful songs to remember』に収録される冨田ラボの新曲。昨年、坂本真綾さんのアルバムで1曲お仕事をした後に「冨田ラボで歌って頂けないか?」と打診したところ快くお受け頂き、こんな素敵な曲が出来上がりました。作詞はイルリメ(鴨田潤)さんです。


MORNIN I'LL BE MOVIN ON / Someday Man / Paul Williams

2someday_man_paul_williams

ポール・ウイリアムス。作曲家としても活動していますがこのアルバムは全曲ロジャー・ニコルズの作曲によるものです。このあたりが発掘されて一般化したのが、90年代から2000年代頭にかけてだからか、90年代の音楽に聞こえます。このアルバムについて「売れようとしている音楽」という記述があって、当時は判りませんでしたが、今は、売れようとしている音楽=個人的ではない音楽=ポップス、ということなのかな、と考えさせられる曲でもあります。


Forever / Sunflower/Surf's Up / The Beach Boys

3sunflower_the_beach_boys

ブライアン・ウィルソンっぽいけど、デニスの曲。ビーチ・ボーイズも90年代に再評価されたバンドです。黄金期が60年代ということで80年代中盤までは“オールディーズ”のバンドとしか捉えていませんでした。が、80年代後半~90年代にかけて『Pet Sounds』『Smile』といったブライアン・ウィルソンの“狂気”の部分に俄然注目が集まって、僕もその辺に乗ってしまったクチです。活動歴が長いので、それぞれの時代にそれぞれの楽しみ方がある、そんな気もします。


Bellerin' Plain / Lick My Decals Off Baby / Captain Beefheart & The Magic Band

4lick_my_decals_off_baby_captain_be

キャプテン・ビーフハート。先日亡くなったので、追悼の意味も込めて紹介させて頂きました。『Trout Mask Replica』というアルバムが代表作ですが、その次の『Lick My Decals Off Baby』のほうを楽しんで聴いています。比較的“曲”に聴こえるもの(笑)を選んでいますが、凄いですよね。でたらめに聴こえるけど、キャプテン本人が指示して、メンバーを合宿で缶詰にして覚えさせる、という“洗脳”に近いやり方で作った作品です。


(The) Good Earth / Sunshower / Thelma Houston

5sunshower_thelma_houston

アルバム『Sun Shower』が最近CD化された際にボーナス・トラックとして収録されたアルバム後に出たシングル曲。テルマ・ヒューストンは黒人のアーティストですが、90年代にレコードで聴いていたときはソウル・ミュージックではなく、ソフトロックとして聴いていました。アルバムがジム・ウェッブのプロデュースだったんですね。ところがこの曲ではソウル・ミュージックに近づいて、その分ソフトロック感は薄まっています。ソフトロックや、ちょっとバブルガムっぽいものは70年代中盤にむけてどんどん無くなっていく印象があります。



-冨田ラボ出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 02 24 [1970年代, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

February 05, 2011

Vol.7 1983年-1

前回は80年代の入り口、1981年をお送りしましたが、今回はその2年後、83年を取り上げます。この2年の間の変化を感じて、楽しみましょう!

Why Not? / Remixed by 冨田ラボ / ZOO / FPM(Fantastic Plastic Machine)

1fpmb_fpmb

1曲目は3月2日にリリースされる、冨田ラボ初のワークス・ベスト・アルバム『beautiful songs to remember 』に収録される曲。CD3枚とDVD1枚+豪華ブックレット付きボックス版とCD1枚の通常版の2種類。ほかの方のプロデュース、編曲をしたものと、冨田ラボの何曲かがDISK1、DISK2に。DISK3には2010年『Shipahead』のデモ・ヴァージョン。DISK1には新曲「エイプリルフールfeat.坂本真綾」も入ります。


I Hang On Your Every Word / On Your Every Word / I Hang On Your Every Word

2on_your_every_word_amy_holland

エイミー・ホーランドはマイケル・マクドナルドの奥さん。(やっぱり好きなのかな?)楽器が同じフレーズを繰り返す(ロックの文脈とは違った)「リフ」という手法は、80年代ポップスの典型的な感じ。あと、60年代、70年代は聞き手が意識できない“何か”によってムードが決定されることが多かったのですが、全て聞こえているリフや声や音色でムードが決定される、というのが80年代音楽の特徴の一つではないかと思います。


Love's Enough / OLE / SAD CAFE

3ole_sad_cafe

典型的な80年代前半の感じ。ドラムの音色、分数コード、Saxがテーマメロを奏でる、などの特徴があります。MTVを思い出しますね。90年代の間、恥ずかしくて聞けないサウンドだったけれど、今は面白みを感じます。SAD CAFEはイギリスの音楽ですが、アメリカナイズされています。一応プログレのバンドですが、全然ポップスですね。


Can't Give You Up / RISE【Classic Mastersにも収録】 / RENE & ANGELA

4rise_rene_angela

「ブラコン」、ブラックコンテンポラリーですね。ルネ&アンジェラのルネは、ルーファスのボビー・ワトソンの弟。アンジェラは後にロナルド・アイズレーと結婚もした人で女性プロデューサーでもあります。この曲はボビー・ワトソンプロデュース(ベーシスト)ですが、ベースはルイス・ジョンソン。客観性を保つために自分では弾かない、とかですかね?


Glad It's All Over / The Power Of Love / Captain Sensible

5the_power_of_love_captain_sensible

“トニマン”ことトニー・マンスフィールドプロデュースの作品は“和めるニュー・ウェーブ”が多かったと思います。“トニマン”は前回BGMでかけたNEW MUSICというバンドの人でシンセ使いが巧い人。ほかにB-52's、マリ・ウィルソン、ネイキッド・アイズ、A-haなどをプロデュース。でもA-haの「テイク・オン・ミー」はやっていない、と彼の家におじゃましたときに言われました。



-冨田ラボ出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 02 05 [1980年代, 1983年, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク