February 05, 2011

Vol.7 1983年-1

前回は80年代の入り口、1981年をお送りしましたが、今回はその2年後、83年を取り上げます。この2年の間の変化を感じて、楽しみましょう!

Why Not? / Remixed by 冨田ラボ / ZOO / FPM(Fantastic Plastic Machine)

1fpmb_fpmb

1曲目は3月2日にリリースされる、冨田ラボ初のワークス・ベスト・アルバム『beautiful songs to remember 』に収録される曲。CD3枚とDVD1枚+豪華ブックレット付きボックス版とCD1枚の通常版の2種類。ほかの方のプロデュース、編曲をしたものと、冨田ラボの何曲かがDISK1、DISK2に。DISK3には2010年『Shipahead』のデモ・ヴァージョン。DISK1には新曲「エイプリルフールfeat.坂本真綾」も入ります。


I Hang On Your Every Word / On Your Every Word / I Hang On Your Every Word

2on_your_every_word_amy_holland

エイミー・ホーランドはマイケル・マクドナルドの奥さん。(やっぱり好きなのかな?)楽器が同じフレーズを繰り返す(ロックの文脈とは違った)「リフ」という手法は、80年代ポップスの典型的な感じ。あと、60年代、70年代は聞き手が意識できない“何か”によってムードが決定されることが多かったのですが、全て聞こえているリフや声や音色でムードが決定される、というのが80年代音楽の特徴の一つではないかと思います。


Love's Enough / OLE / SAD CAFE

3ole_sad_cafe

典型的な80年代前半の感じ。ドラムの音色、分数コード、Saxがテーマメロを奏でる、などの特徴があります。MTVを思い出しますね。90年代の間、恥ずかしくて聞けないサウンドだったけれど、今は面白みを感じます。SAD CAFEはイギリスの音楽ですが、アメリカナイズされています。一応プログレのバンドですが、全然ポップスですね。


Can't Give You Up / RISE【Classic Mastersにも収録】 / RENE & ANGELA

4rise_rene_angela

「ブラコン」、ブラックコンテンポラリーですね。ルネ&アンジェラのルネは、ルーファスのボビー・ワトソンの弟。アンジェラは後にロナルド・アイズレーと結婚もした人で女性プロデューサーでもあります。この曲はボビー・ワトソンプロデュース(ベーシスト)ですが、ベースはルイス・ジョンソン。客観性を保つために自分では弾かない、とかですかね?


Glad It's All Over / The Power Of Love / Captain Sensible

5the_power_of_love_captain_sensible

“トニマン”ことトニー・マンスフィールドプロデュースの作品は“和めるニュー・ウェーブ”が多かったと思います。“トニマン”は前回BGMでかけたNEW MUSICというバンドの人でシンセ使いが巧い人。ほかにB-52's、マリ・ウィルソン、ネイキッド・アイズ、A-haなどをプロデュース。でもA-haの「テイク・オン・ミー」はやっていない、と彼の家におじゃましたときに言われました。



-冨田ラボ出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 02 05 [1980年代, 1983年, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク