February 24, 2011

Vol.8 1970年-1

今回は70年に注目します。このところ83年、81年と80年代を講義してきたので大分遡ることになりますね。70年代の頭、60年代の終わりとも言える70年。80年との差は近年の10年間とは比べものにならない程大きいです。余談ですが、BGMでサントラを流した映画「MASH」は朝鮮戦争を舞台にしたコメディです。TVシリーズ化され、その最終回の視聴率77%は今も破られていない記録だそうです。

エイプリルフール feat. 坂本真綾 / 冨田恵一 WORKS BEST~beautiful songs to remember~ / 冨田ラボ

1works_best__box

3月2日にリリースされる、冨田恵一ワークス・ベスト・アルバム『beautiful songs to remember』に収録される冨田ラボの新曲。昨年、坂本真綾さんのアルバムで1曲お仕事をした後に「冨田ラボで歌って頂けないか?」と打診したところ快くお受け頂き、こんな素敵な曲が出来上がりました。作詞はイルリメ(鴨田潤)さんです。


MORNIN I'LL BE MOVIN ON / Someday Man / Paul Williams

2someday_man_paul_williams

ポール・ウイリアムス。作曲家としても活動していますがこのアルバムは全曲ロジャー・ニコルズの作曲によるものです。このあたりが発掘されて一般化したのが、90年代から2000年代頭にかけてだからか、90年代の音楽に聞こえます。このアルバムについて「売れようとしている音楽」という記述があって、当時は判りませんでしたが、今は、売れようとしている音楽=個人的ではない音楽=ポップス、ということなのかな、と考えさせられる曲でもあります。


Forever / Sunflower/Surf's Up / The Beach Boys

3sunflower_the_beach_boys

ブライアン・ウィルソンっぽいけど、デニスの曲。ビーチ・ボーイズも90年代に再評価されたバンドです。黄金期が60年代ということで80年代中盤までは“オールディーズ”のバンドとしか捉えていませんでした。が、80年代後半~90年代にかけて『Pet Sounds』『Smile』といったブライアン・ウィルソンの“狂気”の部分に俄然注目が集まって、僕もその辺に乗ってしまったクチです。活動歴が長いので、それぞれの時代にそれぞれの楽しみ方がある、そんな気もします。


Bellerin' Plain / Lick My Decals Off Baby / Captain Beefheart & The Magic Band

4lick_my_decals_off_baby_captain_be

キャプテン・ビーフハート。先日亡くなったので、追悼の意味も込めて紹介させて頂きました。『Trout Mask Replica』というアルバムが代表作ですが、その次の『Lick My Decals Off Baby』のほうを楽しんで聴いています。比較的“曲”に聴こえるもの(笑)を選んでいますが、凄いですよね。でたらめに聴こえるけど、キャプテン本人が指示して、メンバーを合宿で缶詰にして覚えさせる、という“洗脳”に近いやり方で作った作品です。


(The) Good Earth / Sunshower / Thelma Houston

5sunshower_thelma_houston

アルバム『Sun Shower』が最近CD化された際にボーナス・トラックとして収録されたアルバム後に出たシングル曲。テルマ・ヒューストンは黒人のアーティストですが、90年代にレコードで聴いていたときはソウル・ミュージックではなく、ソフトロックとして聴いていました。アルバムがジム・ウェッブのプロデュースだったんですね。ところがこの曲ではソウル・ミュージックに近づいて、その分ソフトロック感は薄まっています。ソフトロックや、ちょっとバブルガムっぽいものは70年代中盤にむけてどんどん無くなっていく印象があります。



-冨田ラボ出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 02 24 [1970年代, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

February 05, 2011

Vol.7 1983年-1

前回は80年代の入り口、1981年をお送りしましたが、今回はその2年後、83年を取り上げます。この2年の間の変化を感じて、楽しみましょう!

Why Not? / Remixed by 冨田ラボ / ZOO / FPM(Fantastic Plastic Machine)

1fpmb_fpmb

1曲目は3月2日にリリースされる、冨田ラボ初のワークス・ベスト・アルバム『beautiful songs to remember 』に収録される曲。CD3枚とDVD1枚+豪華ブックレット付きボックス版とCD1枚の通常版の2種類。ほかの方のプロデュース、編曲をしたものと、冨田ラボの何曲かがDISK1、DISK2に。DISK3には2010年『Shipahead』のデモ・ヴァージョン。DISK1には新曲「エイプリルフールfeat.坂本真綾」も入ります。


I Hang On Your Every Word / On Your Every Word / I Hang On Your Every Word

2on_your_every_word_amy_holland

エイミー・ホーランドはマイケル・マクドナルドの奥さん。(やっぱり好きなのかな?)楽器が同じフレーズを繰り返す(ロックの文脈とは違った)「リフ」という手法は、80年代ポップスの典型的な感じ。あと、60年代、70年代は聞き手が意識できない“何か”によってムードが決定されることが多かったのですが、全て聞こえているリフや声や音色でムードが決定される、というのが80年代音楽の特徴の一つではないかと思います。


Love's Enough / OLE / SAD CAFE

3ole_sad_cafe

典型的な80年代前半の感じ。ドラムの音色、分数コード、Saxがテーマメロを奏でる、などの特徴があります。MTVを思い出しますね。90年代の間、恥ずかしくて聞けないサウンドだったけれど、今は面白みを感じます。SAD CAFEはイギリスの音楽ですが、アメリカナイズされています。一応プログレのバンドですが、全然ポップスですね。


Can't Give You Up / RISE【Classic Mastersにも収録】 / RENE & ANGELA

4rise_rene_angela

「ブラコン」、ブラックコンテンポラリーですね。ルネ&アンジェラのルネは、ルーファスのボビー・ワトソンの弟。アンジェラは後にロナルド・アイズレーと結婚もした人で女性プロデューサーでもあります。この曲はボビー・ワトソンプロデュース(ベーシスト)ですが、ベースはルイス・ジョンソン。客観性を保つために自分では弾かない、とかですかね?


Glad It's All Over / The Power Of Love / Captain Sensible

5the_power_of_love_captain_sensible

“トニマン”ことトニー・マンスフィールドプロデュースの作品は“和めるニュー・ウェーブ”が多かったと思います。“トニマン”は前回BGMでかけたNEW MUSICというバンドの人でシンセ使いが巧い人。ほかにB-52's、マリ・ウィルソン、ネイキッド・アイズ、A-haなどをプロデュース。でもA-haの「テイク・オン・ミー」はやっていない、と彼の家におじゃましたときに言われました。



-冨田ラボ出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 02 05 [1980年代, 1983年, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

January 22, 2011

Vol.6 1981年-1

今回は81年、僕が大学に入学した年なので明確に覚えています。ただ世の中の様々な事件に関してはあまり覚えていません。大学入学という個人的大イヴェントの年ですからね(笑)。当時全盛だったAORは"クリスタル族(汗)御用達"というイメージもありますが、実は本当の音楽好き、特に凝った音楽を好む人がこぞって聴いていたジャンルでした。

REEEWIND!-Tomita Lab.Remix-by 冨田ラボ / ASTROMANTIC CHARM SCHOOL / m-flo (m-flo LOVES CRYSTAL KAY)

1astromantic_charm_school_mflo_a

1曲目は3月2日にリリースされる、冨田ラボ初のワークス・ベスト・アルバム『beautiful songs to remember 』にも収録される曲。CD3枚、DVD1枚、ブックレット付きの初回限定版ボックスセットと CD1枚の2種類がリリースされます。


My Old Friend / Breakin' Away / Al Jarreau

2breakin_away_al_jarreau_a

AORですね。Air Playのメンバーとしても知られるジェイ・グレイドンのプロデュース。同じくAir Playのデビッド・フォスターとの差違は当時はあまり判りませんでした。ドラムはスティーブ・ガッドですが、ジェフ・ポーカロの片手ハイハットの16ビートを聞き慣れていた当時の僕は、この16ビートに少し違和感を感じたものでした。


SATISFACTION / Runaway / Bill Champlin

3runaway_bill_champlin_a

こちらはデビッド・フォスターのプロデュース。ジェイ・グレイドン作と似ているけど違いもありますね。このドラムはジョン・ロビンソン。この曲で最初に注目しました。82後半から83年に確立したと思っていた音質の“80's感”は、81年のこの作品にも既に現れていますね。


Talking Out of Turn / Long Distance Voyager / The Moody Blues

4long_distance_voyager_the_moody_bl

国が変わってイギリスのバンド、ムーディーブルース。60年代からやっていて、今も続いているプログレバンドです。90年代以降、プログレが内包するジャズロック的要素に注目して集めはじめましたが、そこからは漏れていたバンドです。パトリック・モラーツというスイス人のキーボーディストがこのころ参加。シンセの使い方が上手です。


Girl Talk / Significant Gains / Greg Phillinganes

5significant_gain_greg_phillinganes

この曲は60年代の時にもBGMで紹介したニール・ヘフティの曲のリメイクです。Saxソロは渡辺貞夫さん。キーボーディストで歌手のグレッグ・フィリンゲインズはクインシー・ジョーンズの一派でもあり、マイケル・ジャクソンのバックとしても有名な人。70年代が完成した!という感じの曲です。



-冨田ラボ出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 01 22 [1980年代, 1981年, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

January 07, 2011

Vol.5 60年代と80年代

これまで70年代、77,76,78年を講義してきましたが、70年代がどんなところから来て、どんなところに向かっていたのかを検証するために、今回はその前後、60年代と80年代を取り上げます。この番組は「自分にとって懐かしい曲」を選曲しているのではなく、現在にも脈々と通ずる“何か”を持った音楽を紹介しているつもりです。

Like A Queen feat. SOULHEAD / Shiplaunching / 冨田ラボ

Shiplaunching_1a

1曲目はアルバム『Shiplaunching』から。2年休んだ後の復帰第一弾だったので、おもしろいことができたらいいなと思い、作詞をヴォーカリストじゃなくて、作詞家でもなくて、詞も書くアーティストが賛同して書いてくれたらいいなって思って、吉田美奈子さんにお願いしました。結果、この方法がアルバムのテーマにも結びついていきましたね。


I Remember You / The Touch Of Your Lips / Nat King Cole

The_touch_of_your_lips_2nat_king_co

60年代のシンガー、ナットキングコール。ノスタルジックといいましょうか?でも僕にとっては生まれる前なので、ナツメロではありません。60年代に完成に至ったともいえるこういった音楽は、ビートルズを初めとするブリティッシュ・インベイジョンなどのムーヴメントに駆逐されてしまいました。パンクムーヴメントによって70年代の音楽が駆逐されたのと似ていますね。


【BGM2】By The Time I Get To Phoenix / Motions & Emotions / Oscar Peterson

Motions_emotions__oscar_peterson_ba

ナットキングコールは「ピアニストで歌もうまい」という人だったんですけれど、同じ立ち位置だったオスカー・ピーターソンに「僕は歌メインで行く」と言ったら、オスカー・ピーターソンは「じゃ、僕はピアノで行くよ」となったらしいです。経済的には大きく人生を分けたふたり。でもそれぞれに素晴らしい音楽を生み出して、ふたりとも人生に悔いはなかったと思います。


Barefoot In Baltimore / The World In A Seashell / The Strawberry Alarm Clock

The_world_in_a_seashell_3the_strawb

続いては駆逐した側(?)。イギリスではありませんが、ストロベリー・アラームクロック。90年代以降の解釈では「ソフトロック」というくくりで良いのでしょうか?サイケっぽくもあり、「サイケデリック」はビートルズ、ビーチボーイズなどが落としていったものと考えて良いのでしょうかね?60年代後半はみんなサイケデリックになっていきますね。


Paradise / Lite Me Up / Herbie Hancock

Lite_me_up__4herbie_hancock_a

70'sの完成型といった意味でハービー・ハンコックを。82,83年頃までは「70年代ポップス」の精度が人力でどんどん上がって来ました。85年以降増えた「プログラミング」は、89年頃までは「なんか聞けねーや」っていうものも多かったんですね。プログラミングの精度が上がって人力か機械か判らない状態に慣れた今現在の耳でも、80's前半はリズムやピッチ的な精度が洗練されていたことが判ると思います。


Memory Serves / Memory Serves / Material

Memory_serves_5material_a

マテリアル。ビル・ラズヴェルというベーシストでプロデューサーがやっていたユニット。アンダーグラウンドやヒップホップ、ワールド・ミュージック的なものをJAZZやポップスと結びつけていた人。サンタナやマイルスのリミックスもかっこ良かったです。機会があったらかけたいと思います。アート・リンゼイを迎えたゴールデンパロミノスも聞いてみて下さい。



-冨田ラボ出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 01 07 [1960年代, 1980年代, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

December 25, 2010

Vol.4 1978年-1

クリスマス、年末モード全開の多忙な日々、今回は“最強”78年を講義します。78,9年は、80年代に片足かかっているような気がします。言い換えれば80年代初頭は「70年代の完成形」とも言えますね。

あの木の下で会いましょう feat.安藤裕子 / Shipahead / 冨田ラボ

__a

1曲目はアルバム『Shipahead』からの曲。作曲時と編曲後の様子がかなり変化した曲のひとつです。この曲は安藤裕子さんに作詞をお願いし、歌って頂いたわけですが、彼女のパブリック・イメージとはかなり異なった曲調であると思います。


【BGM1】Last Tango In Paris / Jungle Fever / Neil Larsen

The_gist_of_the_gemini_gino_vanne_2

BGMで、ニール・ラーセンのアルバムからマイケル・ブレッカーのサックスソロを聴いて頂きました。このときの集中力はすごいものがあります。この78年はプログラミングがポップスに導入される前、人力の限界まで行った年ではないかとも思います。


Shine Like You Should / Don't Cry Out Loud / Melissa Manchester

_olivia_newton_a_2

メリサ・マンチェスターのこのアルバムはプロデューサーがリオン・ウエア。彼は黒人ですが、音楽性としてのブルー・アイド・ソウルに接近していると思います。表題曲「Don't Cry Out Loud」はピーター・アレンの曲。第8回東京音楽祭でリタ・クーリッジが歌ってグランプリを獲得しました。こちらも良い曲です。


Oh L.A. / Against the Grain / phoebe snow

The_royal_scam_steely_dan_a

フィービー・スノウのアルバム『Against the Grain』からの1曲。メロウな感じで、70年代の後半を象徴するようなタイプの曲ですね。76,77年の続き、と言ってとても分かり易い感じだと思います。


ショッピン・ラウンド・アゲイン / 24THストリート・バンド / 24丁目バンド

Wedding_album_leon_russell_mary_rus

ニューヨークのスタジオミュージシャンが結成したバンド。高校の時は24丁目バンド、と呼んでいました。70年代前半のセクションあたりからスタジオ・ミュージシャンがバンドを結成する、というムーヴメントが始まっていました。リスナーが成熟し、スター性やプライベートに関係なく、曲そのものに興味が向かい始める前兆だったとも言えると思います。


You Are the Flower / Toto / TOTO

Wedding_album_leon_russell_mary_rus

ニューヨークに続いては、西海岸のスタジオミュージシャンが結成したバンド、TOTO。TOTOは80年代に「アフリカ」「ロザーナ」などが大ヒット、グラミー総ナメまで行ったので、ふつうのロックバンド、という認識があるかも知れませんが、元はスタジオミュージシャンが結成したバンド、というキャッチフレーズだったと思います。




-冨田ラボ出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 12 25 [1970年代, 1978年, 冨田ラボ作品, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

December 10, 2010

Vol.3 1976年-1

眠りの森 feat. ハナレグミ / Shipbuilding / 冨田ラボ

__a

1曲目はアルバム『Shipbuilding』からのこの曲。PVには、ハナレグミ 永積タカシ君、僕 冨田ラボ、そして作詞の松本隆さんが出演。順番にカフェに入って来るという内容です。良かったら見てみてください。


Fly Into This Night War Suite / The Gist Of The Gemini / Gino Vannelli

The_gist_of_the_gemini_gino_vanne_2

前回77年でスタートした講義、今回76年に戻るところが面白いと思います。まずはジノ・ヴァネリ。グルーヴィーでカッコいいですね、歌は濃いですけど。2ndアルバムから『Night Walker』ぐらいまでが特にジノ・ヴァネリらしいと思います。サウンドプロダクションが凝っているのでファンの方も多いと思います。僕ももちろん大好きです。


意地っぱりな貴方(Small Talk And Pride) / 水のなかの妖精(Come On Over) / Olivia Newton-John

_olivia_newton_a_2

前回に続き登場のオリビア・ニュートンジョン。同じ作曲・プロデューサーによる作品ですが、聴き比べてみてください。これはイギリス録音で前回の曲はアメリカLA録音。なぜ77年になってLAで録音しようと思ったのか?ポップスターのオリビアは衣裳を変えて新鮮さを出していく手法をとっていて、ポップスらしいポップスからAORに衣裳を変えていったのだと思われます。


The Fez / The Royal Scam / Steely Dan

The_royal_scam_steely_dan_a

この『ロイヤルスカム』は『幻想の摩天楼』という邦題。アルバムとしては77年の『aja』が一番だと思いますが、こちらの方を良く聴いていました。こちらの方がラリー・カールトンのギターソロが多かったからです。ラリー・カールトンが大好きな高校生でした。ちなみに番組でかけているのは1曲ずつですが、アルバム全部良いのでアルバムで是非聴いてみて下さい。


Rainbow In Your Eyes / Wedding Album / Leon Russell & Mary Russell

Wedding_album_leon_russell_mary_rus

「マスカレード」などでお馴染みのレオン・ラッセル。にしてはやけに明るく、Happyな感じの曲ですが、それもそのはず、これは結婚記念に作ったウェディングアルバムなんですね。ちなみにこのレオン&マリー・ラッセル名義でもう1枚ウェディングアルバムをリリースしています。相当なラブラブぶりですね。この曲はアル・ジャロウもカバーしていて、そっちも好きです。




-冨田ラボ出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 12 10 [1970年代, 1976年, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

November 26, 2010

Vol.2 1977年-1

ペドロ~消防士と潜水夫 feat.佐野元春 / Shipahead / 冨田ラボ

Shipahead__a_2

冨田ラボの最新作『Shipahead』からの1曲。
アルバムの中で曲自体はかなり早い時期に出来ていたが、佐野元春のヴォーカルが入ったのは2009年12月後半、完成は一番最後になった。ロック的アイコンにより奏でられた中南米音楽。


You're Made That Way / Livin' On The Fault Line / The Doobie Brothers

Livin_on_the_fault_line_the_doobi_2

1977年はパンクとディスコ・ミュージックが台頭してきた年。
この曲はドゥービー・ブラザーズというよりもマイケル・マクドナルドそのもの。ブルー・アイド・ソウルのテイストをドゥービーに持ち込んだ。映画『40歳の童貞男(The 40 Year Old Virgin)』(2005)の1シーンで「古くさい音楽の象徴」として描かれていた。好きです。


今宵楽しく / 今宵楽しく / Ivan Lins

_ivan_lins_

ブラジルに飛びます。ポルトガル語なので邦題を紹介。
70年代後半は音楽がエンターテイメントの中で大きな位置を占めていたことを窺わせる音楽。イヴァン・リンスはクインシー・ジョーンズが世界に紹介した。今も現役。


Coolin' Down / Making A Good Thing Better / Olivia Newton-John

Making_a_good_thing_better_olivia_n

オリビア・ニュートンジョンは当時のポップスター。
時代を反映している。デビュー当時はカントリー、後には「フィジカル」で大ブレーク。プロデュース、作曲はジョン・ファーラー。オリビア・ニュートンジョンは特に日本の歌謡曲、ニューミュージックのメロディーに大きな影響を与えた。「Don't stop believin'」は要チェック。今後、他の年の作品と聞き比べる予定。


Going For The One / Going For The One / Yes

Going_for_the_one_yes_a

プログレ(プログレッシブロック)のグループ。
この曲はプログレ・グループ、イエスとしては斬新な手法を使った曲。明るいポップス寄りのプログレ。聞き続けて良いアーティスト。ちなみに70年代前半からのプログレ、ハードロックはパンクムーヴメントに駆逐された代表的なもの。




-冨田ラボ出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 11 26 [1970年代, 1977年, 冨田ラボ作品, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

November 24, 2010

Vol.1 自己紹介

冨田ラボのブログがスタートします!i-Radioの番組「補講開放日」の記録です。

Shipbuilding / 冨田ラボ

Shipbuilding_az_2

プロデューサー冨田恵一による自己発の作品、“Shipシリーズ”の1作目。
作曲・プロデュースを冨田が担当。松任谷由実、キリンジ、畠山美由紀、bird、ハナレグミ(永積タカシ)、Saigenjiなどのアーティスト、作詞で松本隆が参加。


Shiplaunching / 冨田ラボ

Shiplaunching_az

冨田ラボとしてのアルバム2作目。
参加アーティストは、高橋幸宏+大貫妙子、Yoshika、山本領平、MAMALAID LAG田中拡邦、CHEMISTRYなど。作詞で堀込高樹、糸井重里、鈴木慶一、高野寛らが参加。


Shipahead / 冨田ラボ

Shipahead_az

冨田ラボとしてのアルバム3作目。
参加アーティストは、佐野元春、秦基博、安藤裕子、吉田美奈子、キリンジ、一十三十一など。
この『Shipahead』で“Shipシリーズ”3部作は完結した。



2010 11 24 [冨田ラボ作品, 音楽] | 固定リンク